優良出会い系サイト

サイト立ち上げの経緯&自己紹介

 

サイト立ち上げの経緯

 
 

大手優良出会い系サイトと世間では言われていますが

 

 

その某出会い系サイトのサクラ(キャッシュバッカー)経験者である

 

管理人が
         001989_li
 
 
 
そんな過去を懺悔する思いと
(この気持ちが一番強いです)
 
 
 

 

ウソ・騙しの多いネット上で、少しでも被害を受ける方を減らしたい思い

 

 
 

 

日記などを中心とした、SNS要素がメインとなり

 

出会い系を敬遠していた女性にも親しみやすくなっているという事実

 

 
 

 

本当の出会いがあって、楽しい優良出会い系サイトを紹介したいという思い

 

 

 

 

 

など、様々な思いから立ち上げたサイトになります。

 

 

 

 

 

出会い系サイトというと

 

 

どうしても、危険・怪しいなどの、ネガティブな要素と結びついてしまう傾向がありますが

 

 

サイト選びさえ間違わなければ

 

 

一般的に、世間で言われているような悪いイメージのものではありません。

 

 
                  001990_li
 
 
 
 

自己紹介

 

 

母子家庭であったため、大学への進学は諦めていました。

 

 

高校3年のときに、将来どうしても教員になりたいという思いから

 

学費は全て自分で何とかするということを、親と約束し

 

大学進学を許してもらいました。

 

 

 

 

何とか学費の安い、国立大学に合格でき

 

住み込みで、新聞配達をしながら通うことになりました。

 

 

かなりハードで

 

寒いときは、本当につらくて、泣きたいこともしょっちゅうでしたが

 

目標に向かって、必死に頑張りました。

 

 

 

 

周りの友人たちと同じように、おしゃれもしたいし、可愛い服も買いたい

 

 

少しでも空いた時間にできる仕事はないか?

 

 

と、考えて、始めたのが

 

 

 

サクラ(キャッシュバッカー)でした。

 

 

 

しかし、人間としてまともな神経を持っていれば・・・

 

 

 

 

最初は、空いた時間があれば、いつでもできるし

 

裏バイト的なことに好奇心もあり、始めたサクラでしたが

 

 

結局は、私が精神的に疲れてしまい辞めることになりました。

 

 

 

有料でポイントまで購入して、期待を抱き出会い系に登録してくる男性達。

 

 

しかしその期待は裏切られ
 

彼らの悲痛な心の叫びに胸が締め付けられるような思いで

 

私自身、多少の収入はありましたが、辛い毎日でした。

 

 

 

特に男の方は、エロ系に弱い面があります。

 

 

エロ画像プロフィールの女性に引き付けられる傾向もあります。

 

 

 

しかし 

 

エロい画像を貼って、登録を推奨している悪徳サイトも多く

 

 

「逆援」「童貞買います」なんていうのも、たびたび見かけますが

 

絶対に有り得ませんよ。

 

 

 

エロを煽る表現は要注意。

 

 

男性はそういうのに弱いですから(笑)。

 

 

鵜呑みにしないよう気をつけてください。

 

 

 

 

 

でも人の性格はいろいろで

 

 

サクラの中には人を騙すようなことをしても平気

 

 

むしろ「騙されるのが悪い」と開き直っている人も結構います。

 

 

 

確かにある面、騙される方にも問題があるとは思いますが・・・

 

 

 

 

ネットでもリアルでも、いろいろな人がいるのは同じです。

 

 

 

匿名性の高い、顔のわからないネットだからこそ余計に

 

誠実性が求められるのではないかと私は思っています。

 

 

 

 

 

 

全ての方々、特に私のブログをご訪問していただいた皆様には

 

 

悪徳サイトの餌食になったり、詐欺サイトの被害にあったり

 

 

決して、危険で後味の悪い思いをすることなく

 

 

ぜひ、素敵な出会いを見つけていただきたいと思います。

 
 
 

                 008120_li

 

 

私は性格的にきついタイプですので

 

物事をはっきり言う傾向があるように思います。

 

 

 

きびしい表現や気分を害するような表現をしてしまう場合もあるかと思いますが

 

 

全て本音で、真実のみを書いていく決意です。

 

 

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: